日本最大級の整形式「花の谷」シンボル大花壇

花の谷ゾーンに5つのコンセプトをもった花庭を1つの大花壇として創りあげました。多彩な花々が織りなす五感刺激(色彩・香り・草姿・繊細と大胆・静と動)を生かしたデザインです。

 

「花の谷」大花壇デザイナー
槇島みどり
景観デザイナー。ハーブや植物療法の先駆者で、全国の公共施設から身近な場所まで心地よい空間づくりを実践。国内・国際線のJALラウンジの香りを設計。

ここだけの花と緑が満載

山口県育成オリジナル品種

 種が異なる組み合わせからバイオテクノロジーを利用して、育成したユリの品種「プチシリーズ」。また、一般的なリンドウと比べ、開花時期が早いリンドウ「西京の初夏」など山口県が開発したオリジナルの花たちが会場に彩りをそえます。

ユリ・プチシリーズ
国際園芸博覧会で金賞を受賞。国内外で高く評価され、世界的にも珍しい小輪系の花。微香性で全ての蕾が開花する。


リンドウ・西京シリーズ
全国に先駆けて出荷が始まる「西京の初夏」他3品種が登場。

リンドウ・西京シリーズ「西京の白露」
日本初公開となる新品種。オープニングテーマの展示で花材として使われる。

希少品種

 

珍しい品種、国内外高評価の花などをラインナップ。ここでしか見られない魅力的な植物を取り揃えました。

ビンカ・タトゥー
関東中心に数件の生産者しか栽培に取り組んでいない希少な花。今年日本初上陸。


花衣・黒真珠
ジャパンフラワーセレクションにおいてダブル受賞した注目のペチュニア。

サルビア・ビッグブルー
日本初公開となる新品種。茎まで青く、遠目からでも青色が際立って見える。

流行先取り品種

 

通常、室内飾花で使われることが多い観葉植物を「山口ゆめ花博」では屋外での植栽に挑戦します。人気急上昇の観葉植物を多数集めました。

カレックス・ブロンコ
枯れたようにみえる色の観葉植物。細いラインの葉は動きがあって魅力的。


コロカシア・ブラックコーラル
黒い葉で大株になるのが特徴。艶のある美しい葉が魅力的。

 

植樹祭で植えた樹々

 

平成24年、山口県で開催した全国植樹祭で植樹した27,000本のアカマツやコナラの木々が背丈くらいに育っているこの場所で、森林に関わる様々なイベントを体験できます。
 


お問合せ

第35回全国都市緑化やまぐちフェア実行委員会事務局
(山口県 総合企画部 山口ゆめ花博推進室)
TEL : 083-933-4805
FAX : 083-933-4809
MAIL : info@yumehana-yamaguchi.com
 

 

第35回全国都市緑化やまぐちフェア実行委員会事務局
(山口県 総合企画部 山口ゆめ花博推進室)
TEL : 083-933-4805
FAX : 083-933-4809
MAIL : info@yumehana-yamaguchi.com